ロジシンコラム

満足いくキャリアには「目標」よりも「ゴール」が必要だ

渡辺まどか
渡辺まどか
おはようございます。渡辺まどかです

先日の記事にたくさんのご返信をいただきました。
(ありがとうございます!ご返信いただけるととてもうれしいです!!)
まだ読んでいない方は、こちらから
 ↓↓↓
大きな人生の選択をするために必要な、ただ一つの基準

今回は、満足いくキャリアには「目標」よりも「ゴール」が必要だという話です。

 

仕事も、プライベートも、やり始めたときには楽しくて、夢中で仕方なかったのに、いつの間にか楽しくない、ぎすぎすしていて、気が重い…という方もいらっしゃるかもしれません。

なぜ最近、うまくいかないのだろう。

そんな時には、

もしかしたら目指している「ゴール」を見直すタイミング
なのかもしれません。

 

 

 

「ゴール」を設定する

みなさんは、「目標」「ゴール」、2つの言葉の違いをしっていますか?

仕事の中でも、キャリアを考えるうえでも、「目標」「ゴール」という言葉、よく使いますよね。

もしかしたら、みなさんの職場でも、目標管理制度が敷かれていて、期首に目標やゴールを上司と話し合いながら決めているかもしれません。

ところが、多くの人が、言葉の意味をよく理解しないまま、「目標」「ゴール」という言葉を使っています。

実は、私もかつてそうでした。
コンサルティング会社に入ってから、先輩に口を酸っぱくして教えられたのが、目標とゴールの違いなんです。

この違いを知っているかどうかで、

行動の質が、そして結果の質が大きく変わります。

 

少し考えてみましょう

目標とゴールの違いについて説明する前に、ちょっとワークをやってみましょう。

仕事、キャリア、家庭、趣味なんでもいいです。
みなさんがいま悩んでいることを思い浮かべてください。
その悩んでいることの「ゴール」はなんでしょうか?
言葉で表現してみてください。

書けたら、続きを読んでみてくださいね。

 

目標とゴールの違い

「目標」とは、「ゴールを達成するうえで目指すべき、具体的な目印」です。

具体的な目印なので、

定量的に表現しやすい、行動に移しやすいのが、「目標」

です。

一方、「ゴール」とは、「たどりついたときにそうなっていたい状態」です。

自分や周囲の人、環境も含めて、

「どうなっていたいか?」を表現するのが「ゴール」

です。

 

だから、

  • 1年で売り上げ1億円を目指す
  • 3か月で本を100冊読む
  • 3年でリーダーになる

というのは、目標であり、ゴールではありません。

ゴールとは、「その目標を達成したことでどういう状態になっていたいか?」なので、

・1年で売り上げを1億円を達成(目標)することで
資金に余裕ができ、次のビジネスをスタートさせられる。新たな事業機会を通じ
て、チームメンバーが次の成長の機会を獲得できている状態にする(ゴール)

 

・3か月で本を100冊読む(目標)ことで
今まで知らなかった分野に触れ、次に自分が深めるべき分野を特定できている
状態にする(ゴール)

 

・3年でリーダーになる(目標)ことで、
経済的に今までよりも満たされた状態になる(ゴール)

 

どうでしょうか?

みなさんが書いた“ゴール”は、「ゴール」になっていましたか?
もしかしたら、「目標」を“ゴール”として書いていたりしないでしょうか?

 

 

最高のあなたになるために。

「ゴール」は自分で描き出すもの

「目標」は、定量的に表現しやすく、行動やステータスとして形になりやすいので、多くの人が定めやすい、言葉として表現しやすかったりします。

一方、「ゴール」は、自分だけの、「そうなっていたら最高だな、理想だなという状態」です。

上司との面談では、「目標」は設定できます。
しかし、「ゴール」は自分で描き出すほかありません。
みなさんの「ゴール」は、他人は設定してくれません。

というよりも、できないのです。

なぜなら、

何が最高か、何が理想か、は
人によって感じ方・考え方、ものの見方・捉え方が全く違う

からです。

 

前回の記事でも、

渡辺まどか
渡辺まどか
「自分の中を通ったものを、自分なりの方法でアウトプットし、それが社会に貢献できること」

を至上の喜びとする私

「ビジネスの仕組みを考え、実行し、成功させること」

が楽しい、プロモーションの専門家の方

の話を書きましたが、

これは「どちらが正しい」とかではなく、どちらも真っ当で大事なことなんです。

ただ、

  • どっちを強く感じるか
  • どっちの方がわくわくするか
  • どっちの方がより満足感を得られるか

は人によって違うというだけ。

自分が何にわくわくや喜びを感じるかは人それぞれです。

それは、自分の実感、感情を観察する、自分と向き合い、感じていること・考えていることをアウトプットすることでしか、表現できないのです。

 

「最高!理想!」と感じるものをゴールに設定する

さらに、時折私たちは、「ゴール」を見失います。

自分が「最高!理想!」と感じるものをゴールに設定するのではなく、

他人(親や家族、上司…etc)の期待や、いい人・できる人に見えるように見栄や義務感を「ゴール」に据えてしまう

ことがあるのです。

例えば私が、「売れたい」「有名人になりたい」という欲を持つように。

「自分の中を通ったものを、自分なりの方法でアウトプットし、それが社会に貢献できること」
が至上の喜びの私が、

「売れたい・有名になりたい」
をゴールに据えた瞬間に、仕事は喜びから義務感に変わります。

 

売れるためには、有名になるためには、

  1. まずは定量的に目標・期間を設定しましょう。
  2. この期間でやるためには、逆算するとこのやり方がベスト。
  3. じゃあ、この時期までにこれを…

となるのですが、私の場合、

「自分の中を通ったものを、自分なりの方法でアウトプット」する

ので、

アウトプットできる量は限られているし、
自分が納得できるクオリティにするためには
試行錯誤が必要

なんです。

だから、がちがちに逆算して自分の行動を、アウトプットを管理しすぎると、

渡辺まどか
渡辺まどか
心が死にます…

 

「ビジネスの仕組みを考え、実行し、成功させること」
が得意な人なら、たぶん私ほどのダメージはないはず。

本当になりたい自分にだったら、心を殺さずに、ボロボロにならずともなれる。

他人の期待や、見栄・義務感からきたゴールだと、どこかでほころびが生まれます。
自分の体に合わない服を着ようとすると、服が破れるか、自分の魅力が大幅ダウンするかのどちらかにしかならないのです。

もし、いまみなさんが悩んでいるとしたら、

  • ゴールを言葉として形にしていない
  • 他人の期待や、自分の見栄・義務感をゴールにしてしまっている

のかもしれません。

秋の夜長、ちょっと時間を作って、自分と向き合い、自分がどんな状態になっていたいのか?自分のゴールを設定してみるのがおすすめです。

 

 

追伸:

私のロジカルシンキングでは、ツールとしてのロジカルシンキング(一般的な意味でのロジカルシンキング )だけでなく、”その人だけが持つ情熱”を表現することをゴールにした、継続的なトレーニングです。

興味のある方、近く第3期の募集が始まります。

メルマガにご登録いただいている方には、先行予約のご案内をいたしますので、こちらからメルマガに登録してみてくださいね。

https://resast.jp/subscribe/106409/1513223

 

すぐにでも始めたいという方、第2期の動画販売(動画を見て課題に取り組む)コースがあります。
こちらからご購入くださいませ。

https://resast.jp/subscribe/136110/1738900

 

 

ロジカル思考であなたの悩みを紐解く!『無料30分お試し個別相談』

動画でトレーニング!ロジカルシンキングのオンライントレーニング動画教材

『シート1枚で論理的に伝える技術』はじめに&第1章を無料プレゼント中⬇︎

【質問受付専用LINE@】ロジカルシンキング相談室(検索ID:@612fwtd)