ロジシンコラム

事実と意見を切り分けるコツ【ロジカルシンキングコラム】

渡辺まどか
渡辺まどか
おはようございます。渡辺まどかです

1月16日、17日は、センター試験改め、
共通テストでしたね。

今年はコロナで学校生活や受験勉強にも支障が出て、
なおさら大変だったのではないかと思います。

そんな中、
センター試験から切り替わった
初めての共通テスト。

 

 

共通テストで重視されるようになった、情報を読み解く力

ニュースで受験生のコメントを見る限り、

「図表が多くて、読み解くのに時間がかかった」

ようです。

 

私も問題をさらっと確認しましたが、
確かに図表やグラフ、絵から読み解く
問題が多い印象でした。

図表やグラフ、絵から読み解く問題は、
文章だけの問題と比べて
情報量が格段に増えます。

 

しっかりと情報を読み込んだうえで、

このグラフから、何が言えるのか?

を自分なりに言語化しなければいけません。

考える力、表現力が今までよりも
問われる形式なったのは間違いありません。

 

情報を読み解くなんて、社会人ならできて当たり前!?

このブログを読んでくださっているみなさんは、
おそらく社会人のはず。

すでに社会人となっている私たちにも、
受験生と同等、むしろそれ以上の
思考力・表現力が求められています。

しかも、社会人の場合は、最初から応用問題。

テストでは、与えられた情報を
分析するだけで済みますが、

現実の世界、実戦の中では、

①数多ある現実の場面から
 必要な情報を定義して切り取り
  ↓
②それを客観的な形で記述し、
  ↓
③自分なりの推測や解釈を加え
  ↓
④そのうえで意見を述べる

という複雑な手順を踏んでいるのです。
(共通テストでは、③と④が中心)

例えば、

顧客からクレームとその対応策を
上司に報告・提案する、

というシチュエーションであれば、

①どの状況までさかのぼれば、
 顧客のクレームについて正確に報告できるか
 判断し、
  ↓
②事態の経緯と顧客からのクレーム内容を、
 顧客の視点・自社の視点それぞれから
 客観的に情報を整理し、
  ↓
③顧客の事情や心情を推測・解釈した上で
  ↓
④顧客・自社双方にとっての最適解を提案する

ということをしているわけです。

私たちは普段から、
仕事からプライベートのコミュニケーションまで、
複雑な手順やルール、人間関係に囲まれています。

おまけに、共通テストとは違い、
ほとんどが言語化されていません。

つまり、私たちが普段やっている

「何か業務上報告する」とか、
「上司やお客様に提案する」
「部下や後輩に指示する」

というコミュニケーションも、

実は様々なスキルの集合体であり、

非常に難易度が高いことなのです。

ですから、もしみなさんが、

書籍やセミナーの中で学んだことを実践しようにも、

どういうときに使ったらいいかイマイチ思い浮かばない、

練習するにもシチュエーションが思い浮かばない、

というのはおかしなことではありません。

みなさんが当たり前にやっていること、
実はすごく高度なことなんですよ!

 

 

「事実」と「意見」を書き分けるコツ

とはいえ、
ビジネスパーソンとして事実と意見を切り分けて表現すること
できるようになりたいものですね。

そういうときには、
もう少し練習する範囲を
狭くしてみるといいですね。

まずは、

①現実の場面を切り取り、
②観察したことを、情報として書きだす

ことを徹底して練習してみましょう。

風景をスケッチをするように、

まずは見えている現実を「事実」として書きだすのです。

事実を事実として書くには、

事実と意見
(自分なりの推測・解釈や判断・提案)

をしっかりと切り分けて書くことが重要です。

そして、事実を表現するときには、

「より事実に近い書き方」

を意識してください。

 

より事実に近い書き方とは、

  • モノ/人がある・いる
  • 数字・グラフで表す
  • ○○という行動をした

などの書き方です。

 

例えば、

クレームを訴えるお客様がたくさんいる

という表現は、

「たくさん」と表現した時点で

「どのくらいの数の人を“多い”とするのか?」

というその人の主観が含まれてしまいます。

これを、

「より事実に近い書き方」

つまり

「ある・いる」や「定量的に表現する」

に書き換えるとこんな感じです。

  • クレームを訴えるお客様が50人いる
  • クレームを訴えるお客様は、全体の50%である

この書き方の方が、

事実を事実として客観的に表現している

と言えますね。

このような書き方ができるようになると、

③自分なりの推測・解釈を加えて
④自分なりの意見を述べる

に説得力が持たせられるようになります。

試しに、

次のセリフを、より事実だけを表現する書き方にするとしたら、

どんな表現になると思いますか?

(第3期オンライントレーニングより一部抜粋)

 

挑戦したら、ぜひみなさんの解答を
このメールへの返信で送ってください。

フィードバックコメントお返しします♪

 

オンライントレーニング第3期動画学習コース
(添削指導あり)

まだお申込みいただけます

https://resast.jp/conclusions/ZjlkYzhhMjNjY

 

90分から受けられる! 【オンライン】実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方

ロジカル思考であなたの悩みを紐解く!『無料30分お試し個別相談』

『シート1枚で論理的に伝える技術』はじめに&第1章を無料プレゼント中⬇︎