ロジシンコラム

ヨガに学ぶ!ロジカルシンキングが「身につく人」の5つの思考法 【ロジカルシンキングコラム】

渡辺まどか
渡辺まどか
こんにちは、渡辺まどかです。

すっかり秋めいてきましたね。

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋…というほどのことではないのですが、夏から週1回、ハンモック・ヨガというものに通っています。

あまりにも運動不足が祟り、肩こり・腰痛が絶えないことがきっかけだったのですが、行ってみるとなかなかに楽しいものですね。

習い事が身につく人の5つの思考法

しかし、ロジカルシンキング講師の悲しい性で、ヨガをしながらいろいろと考えてしまうんです(笑)

ということで、今回はヨガをしながら考えた『習い事が身につく人の5つの思考法』についてご紹介します。

①言い訳せずに取り組んでみる

  • ハンモック・ヨガって難しそう
  • 体が固いからうまくポーズとれないし…

と思う人は、「運動不足解消したいな」と思っていても、なかなか学びをスタートしません。

でもヨガの先生曰く、

初心者の方は、10人中10人が、『私は体が固いんです』って言います(笑)

「体が固いから」とか「難しそうだから」というのは、

学びたい自分(向学心に燃える、ポジティブで好ましい自分)にブレーキをかける「面倒だなと感じる自分(やるべきことをやらない、怠惰で認めなくない自分)の 声 」です。

やらない自分の正当化、言い訳なんですよね。

学ぶ人・身につく人は、まず

うまくできないかもしれないけどやってみよう!

と考えます。

行動し始めなければ、当初の目標「運動不足を解消する」にむけて1ミリも近づかないからです。

②人と比べない

レッスンが始まると、先生の動き、他の受講生の動きが目に入ります。

  • あの人はあんなに足が開脚してるのに、私は全然開けてない…
  • もっとがんばらなきゃ…

でも、ちょっと待ってください。

その隣の人の足の開脚具合って、私の運動不足の解消と何か関係ありますか?

大事なのは、人と比べることではありません。

過去の自分と比べて、1ミリでも前進したか?

自分の目的の達成につながるか?

ということです。

人と比べてよいことは、一つもありません。

恥ずかしいとという気持ちは、いったん置いておきましょう。
そうでなければ、筋肉を伸ばす、鍛えることに集中できないからです。

③今やるべきことに集中する

人と比べるのをやめ、そして、今やるべきこと、つまりヨガのポーズを取ることに集中しましょう。

考えるべきは、「どの筋肉が伸びているのか?」「深い呼吸ができているか?」

ただそれだけです。

ところが、頭の中に昇華しきれない不安が残っていると、今度は人のことではなく、心配事に思考が持っていかれます。

  • そうだ、あの仕事、進めなきゃとか、
  • あの人にあんな風に言っちゃったのまずかったかな、とか。

心配事は、しかるべき時に(仕事の時に、その人とコミュニケーションを取るときに)考えればいいこと。

心配事があると、心配事で頭の中がぐるぐると占領されます。
これは考えているのではなく、悩んでいるだけ。

悩んでいても前には進みません。

学ぶ人・身につく人は、今やるべきことに集中して取り組みます。

④素直に受け入れる

難しいポーズをとっていると、先生が声をかけます。

呼吸とともに、足を床に近づけるイメージを持ちましょう。

イメージを持つことが大事なんです。

「イメージで体の柔軟性が増したら苦労しないよ!」と言わずに、まずは素直に受け入れてみましょう。

先生は、今まで自分が正しいと思っていたのとは正反対のこと、とてもできそうにないことを言ってくるかもしれません。

しかし、先生はプロです。
アドバイスには、ちゃんと知識と経験の裏付けがあるのです。

「よくわかんない!」と拒否するのではなく、

どういうことなんだろう?

こういうことかな?それとも、こういうことかな?

と素直に受け止め、自分なりの理解とつなげて考える努力を惜しまない。

頭では素直に受け取っているつもりでも、体が、もしくは表情が拒否していたりしませんか。
先生も人間なので、「受け取ってくれなさそうだな」という人にはアドバイスしにくくなります。

身につく人には、うわべだけでなく、心の底から受け取る素直さ、そして、
面倒でも自分事として捉え手を抜かずに理解しょうとする素直さ
があります。

⑤短期的な成果に飛びつかず、プロセスを味わい尽くす

何回か通っていると、急に成果が気になるときがあります。

  • もう1か月も通ったのに、痩せない!
  • 目標が達成できてない!

確かに、定量的な成果は目に見える形ででていないかもしれません。

変化はゆっくりと訪れるものです。
1か月で変化を感じられなくても、継続すれば必ず変化が訪れます。

変化が感じられないとするならば、次のような要因が考えられます。

  1. 行動し続けていない
    (サボっていたら変化は訪れません)
  2. 取り組む前の記録を残していない
    (継続的に記録を残さないと変化はわかりません)
  3. 変化していることを認識していない
    (体重のようなデータだけではなく、最近疲れを感じにくくなった、とか、
    腰痛・肩こりを感じることが減った、というような定性的な変化、
    つまり、自分の実感も併せて言葉にして記録しないと、変化を見逃します)
  4. 途中で目標がすり替わっている
    (運動不足解消が目標だったのに、いつの間にか痩せることにすり替わっていませんか)

人間は、払ったコスト(お金・時間)に見合う成果を期待するものです。

しかし、成果は自分でコントロールできません。成果とは、人からの評価だからです。
成果ばかりを追うと、行動が義務に感じられ辛くなります。

短期的な成果よりも、ヨガのポーズをとっているその瞬間を十分に味わい尽くす(筋肉の伸びの気持ちよさや精神の集中具合等)と、継続しやすくなります(また来週も行きたい)。

すると、結果的に、

行動が反復される(毎週通う)ので、

⬇︎

技術(柔軟性が上がりポーズがうまくとれる)が磨かれ、

⬇︎

成果(運動不足が解消されたり筋肉がついて痩せやすくなる)
にもつながりやすくなるのです。

「成果が出ない」「できない」「向いてない」のではなく、義務として嫌だなーと思いながら行動していて、その行動をしている瞬間を味わっていないから、行動が継続せず、技術が磨かれていないだけかもしれません。

まとめ

以上の5つが、私がヨガをしながら、同時にロジカルシンキング講師として考えた、ヨガが「身につく人の5つの思考法」です。

でも、これって、ロジカルシンキングでも一緒ですよね?

  1. 言い訳せずに取り組んでみる
  2. 人と比べない
  3. 今やるべきことに集中する
  4. 素直に受け入れる
  5. 短期的な成果に飛びつかず、プロセスを味わう

常々、ロジカルシンキング入門講座の冒頭に、

渡辺まどか
渡辺まどか
ロジカルシンキングはスポーツと同じ。反復すれば身につく技術です!

と申し上げています。

ヨガもロジカルシンキングも同じ。

継続する人だけが、身に着けることができる技術なのです。

ロジカル思考であなたの悩みを紐解く!『無料30分お試し個別相談』

動画でトレーニング!ロジカルシンキングのオンライントレーニング動画教材

『シート1枚で論理的に伝える技術』はじめに&第1章を無料プレゼント中⬇︎

【質問受付専用LINE@】ロジカルシンキング相談室(検索ID:@612fwtd)