ロジシンコラム

『Why?』はなぜ劇薬なのか?!【ロジカルシンキングコラム】

渡辺まどか
渡辺まどか
こんにちは、渡辺まどかです。

仕事でも、プライベートでも、「なぜ?」という問いはよく使われたり、質問されたりすると思います。

ただ、「なぜ?」と聞いて相手が沈黙してしまったり、
「なぜ?」と聞かれて返答に窮してしまった経験はないでしょうか?

さて今日は、その「なぜ?」にフィーチャーした
『Why?』はなぜ劇薬なのか?!】というお話です。

「なぜ?」を5回繰り返す理由

よく、問題が起きたら

上司
上司
「なぜ?」を5回繰り返すのだ。

と言われます。

これはもともと、トヨタ式カイゼンで言われ始めたことで、
一般的には「物事を深く考えなさい」という意味で使われることが多いようです。

確かに、「なぜ?」という問いを自分に投げかけたり、相手に投げかけることによって、

  • これまで言葉にできていなかったあいまいなアイデアを言語化
  • 思いもよらない原因にたどり着く

このような結果が得られることがあります。

だからこそ、「なぜ?を5回」というメソッドが、これほどまでに広く知られているのでしょう。


しかし、

  • 自分に対して「なぜ?」と問いかけても全く考えが浮かんでこない。
  • 部下や後輩に「なぜなのか考えてごらん?」と問いかけても返答がない。

そんな経験はないでしょうか?


なぜこんなことが起きるのか。

それは、実は「なぜ?」という質問は、とても強い力を持っているからなのです。

「なぜ?」が持つ強い力と落とし穴

人間は、相手に(自分自身に)「なぜ?」と問われると、自然と「なぜなら…」と必ず考え込むようにできています。

しかし、強い力を持っているにもかかわらず、「なぜ?」は非常に漠然とした質問です。

  • どの切り口から考えればいいのか?
  • どの範囲について考えればいいのか?
  • どこから手を付けて自分の考えを述べればいいのか?

漠然と「なぜ?」と問われると、それが見えないため、

思考停止(実際にはグルグルと考えているのだが、どこから整理すればいいのか、どこから話していいのかわからない状態)

に陥ってしまうのです。

「なぜ?」と聞いたり、聞かれた時に、

  • 考えが全く出てこない
  • 部下や後輩が黙り込んでしまう

こういったケースは、あなたや部下・後輩が何も考えていないのではなく、
「なぜ?」の使い方に問題があるのです。

「なぜ?」の正しい使い方

実は使い方が難しい「なぜ?」を、部下や後輩に対して多用しすぎると、部下や後輩が「問い詰められている」ように感じ、ますます自分で考えなくなったりします。

渡辺まどか
渡辺まどか
信頼関係を損なう可能性すらあります。


ではどうすれば「なぜ?」を使いこなせるのか?

実は、「なぜ?」という問いが1つだけだと考えにくく、

「なぜ?」の具体性をアップして質問の数を3つ以上に増やす

と考えやすくなります。

例えば、「うまくいかない」という問題について考えるとき、

  • なぜうまくいかないのか?


という1点で考えるのではなく、

  • 【どんな時に】うまくいかないのか?
  • 【他の状況でも今回同様に】うまくいかないときはあるか?それはどんな時か?
  • 【逆に、同じような状況なのに】うまく行く時はあるか?それはどんな時か?

という風に、考えるポイントを3点に嵩増ししてみるのです。


コツは、【】の中の部分です。

①どんな時に

②他でも①と同様に

③逆に①と同じなのに

このフレームワークはいろいろなケースで使えるので覚えておいて損はありません。

ちなみにこの考え方は、帰納法を応用した考え方です。

帰納法とは、複数の事象に共通点を見出し、それを結論として採用する考え方



「なぜなら…」は事実から導き出される結論です。

「なぜ?」1点だと考えにくいことも、
①②③と具体的な事象を増やして共通点に着目すると、考えやすくなるのです。


是非、質問する時・される時はぜひ意識してみてくださいね!

ロジカル思考であなたの悩みを紐解く!『無料30分お試し個別相談』

動画でトレーニング!ロジカルシンキングのオンライントレーニング動画教材

『シート1枚で論理的に伝える技術』はじめに&第1章を無料プレゼント中⬇︎

【質問受付専用LINE@】ロジカルシンキング相談室(検索ID:@612fwtd)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA