ロジシンコラム

40歳からの充実したキャリアのためにするべきたった一つのこと【ロジシンコラム】

渡辺まどか
渡辺まどか
こんにちは。
渡辺まどかです。

 

ロジカルシンキング講師として、多くの方と
セミナーや個別カウンセリングでお話させていただきますが、
その中で得た気づきとして「40歳前後でキャリアの転換点を迎える方が多い」
ということです。

 

これから管理職試験を受ける方、
リーダーや管理職になったけれども、限界を感じている方が多いんです。
(もちろん、若い方や、専門職の方もいらっしゃいますが)

組織の中だと、40歳前後が、ちょうどリーダーシップを発揮することを
より強く求められる時期だからなのかもしれませんね。

今までは、上司の指示や組織の目標に従って、
成果を出すためにできる限りの努力をしてきた。

ところが、突然、「で、君はこの組織で何をしたいの?」と問われて、
あるいは組織や上司との方針の違いに耐え切れなくなった時に、
「自分は何がしたかったのだろう?/何がしたいんだろう?」
と考えて動けなくなってしまう。

 

そんなお悩みを伺うことが多いです。

なぜ動けなくなってしまうのか?

新しい仕事を始めたとき、はじめは少ししんどく感じてしまうけれども、
次第に仕事に慣れてくると、面白みが感じられるようになる。

面白みが感じられるくらいになると、次第に成果がでるようになって、
ますます仕事が面白いと感じる。

そんな経験をしたことがある方もいらっしゃるでしょう。

 

成果が出るから仕事が面白いという状態は、
「外発的動機付け」
(=誰かからの評価、金銭的報酬、資格や段位・記録など)
が働いている状態です。

ところが、ある一定のレベルに達すると、
外発的動機付けがうまく働かなくなります。

仕事に慣れてしまってちょっとマンネリ気味、
求められる期待がどんどん大きくなりすぎて成果を出すことが難しくなる、
なんていう状態です。

 

この状態では、自分のモチベーションを「外発的動機付け」だけに頼っていると、限界が来ます。

「なぜ私はこの仕事をするのか?」
「私は何をしたいのか?」

いわゆる

「内発的動機付け」、つまり、自分の意思、
自分の内から湧き上がるモチベーションがなければ、
行動し続けることができないのです。

行き詰まりを感じてしまったときは

 40歳という年齢で行き詰まりを感じるということは、
ちょうど、仕事にも慣れ、成果も出せて
今がノリノリ(外発的動機付け)の状態から、
さらに一歩進むために、自分にとっての仕事の意味、
人生の目的(内発的動機付け)を探さなければ
進めなくなる時期だとも言えるでしょう。

 

…と聞くと、「40歳までに何をすればいいの?」
「40歳を超えて自分もその時期に入ってしまったけれども、何をすればいいの?」
と感じるかもしれません。

渡辺まどか
渡辺まどか
そこでの答えは、とてもシンプルです。

 

「それが何の役に立つかは気にしないで、
自分が夢中になれること、
没頭できることをとことんやること」
だけなのです。

 

内発的動機付けとは、つまるところ
「自分の気持ち、内側から湧き上がるエネルギー」です。

自分が「面白い、楽しい、時間を忘れて熱中してしまう、
苦もなく続けられる」と感じることが、
「内発的動機付け」そのものなのです。

ぜひ、「お金が稼げる」「仕事につながる」「何か役にも立つ」
という考え方はいったん忘れて、
「自分が楽しい、面白い、熱中する、苦もなく続けられる」
ことを見つけて、とにかくその行動をし続けてみてください。

 

1万時間行動するとプロになる、とはよく言いますが、
1万時間行動するためには、外発的動機付けだけでは行動し続けられません。

必ず内発的動機付け「楽しい、面白い、熱中する、苦もなくできる」
という気持ちを持っているから、1万時間に達するのです。

無駄だと思えることに自分の時間を投資してみる。

何につながるかわからないけれども、
自分の素直な「好き、やりたい」を信じてやってみる。

その積み重ねが、必ずどこかで、
あなたの人生に大きなチャンスをもたらします。

 

どんな形でチャンスがやってくるかは、今の時点ではわかりません。

行動し続けた先にだけ、今考えている未来から予想だにしなかったチャンス、
チャンスとすら思えない出来事がおこるのです。

「面白いし苦もなく続けられる」と続けた結果

私自身は、「何の役に立つかわからないけれども、面白いし苦も無く続けられるから」
という理由だけで、セミナーを続けてきました。

最初はたった一人のお客さんに向けて8時間のセミナーをやりました。

でも、たった一人しかお客さんが来なくても、
「もう一度セミナーやってみてもいいかも?」と思えたから、
ただそれだけの理由で翌月もセミナーを開催し、
また一人のお客さんが申し込んでくれ、セミナーを行いました。

それが毎月毎月続くと、セミナーで話す内容もどんどん洗練されていき、
ありがたいことに口コミを書いてくれたり、同僚に勧めたりしてくれる方が出てきました。

そうしているうちに、セミナーが満席になるようになり、
セミナーの口コミをよんだ出版社の方から「書籍を出しませんか?」とオファーを受け、
書籍を執筆することになりました。

 

もしかしたら、あなたから見たら、
「渡辺さんはすごい人だから」と見えるかもしれません。

でも、私にとっては、
「お客さんが来なくても面白い、またやってもいいと思えること」を
ただただ続けてきただけなんです。

渡辺まどか
渡辺まどか
私の場合はセミナーでしたが、先日お会いしたある企業の方にとっては、それが「映画を見ること」だったそうです。

 

もともと映画好きではあったそうですが、
「毎週1本、映画館で映画を見る」と決めて見続けたことが、
その方の人生観や価値観に大きな変化をもたらしたのだそうです。

その結果、それまでとは全く違う職種に異動し、
現在、その部署でご自身が「これをやりたい」という信念をもって、
生き生きとお仕事をされています。

 

どんなことでもいいのです。
いつから、何歳からスタートしてもいいのです。

ちょっと勇気をもって、仕事につながらなくても、
お金にならなくても、ただ、
「楽しい、面白い、熱中できる、苦もなくできること」を見つけて、
行動し続けること。

それが、あなたの人生を切り開きます。

 

もし、現状が苦しい、背中を押してほしいという方がいらっしゃいましたら、ご相談に乗ります。
ぜひお話聞かせてくださいね。
無料個別相談はこちら

 

90分から受けられる! 【オンライン】実践ロジカルシンキング!説得力のある伝え方

ロジカル思考であなたの悩みを紐解く!『無料30分お試し個別相談』

『シート1枚で論理的に伝える技術』はじめに&第1章を無料プレゼント中⬇︎