ロジシンコラム

「上司にボコボコにされている」と感じた時に自分に投げ掛けるべき問いとは?【ロジカルシンキングコラム】

渡辺まどか
渡辺まどか
こんにちは、渡辺まどかです。

先日実施したセミナーで、こんなことをおっしゃっている方がいらっしゃいました。

上司にボコボコにされています。

その方が、上司のどんなかかわりを「ボコボコ」と表現したのかはわかりません。

「上司が冷静にダメなポイントを列挙する」様子を「ボコボコ」と表現したのかもしれないし、「上司が感情的に叱責する」様子を「ボコボコ」と表現したのかもしれない。

ただ、いずれにせよ、「ボコボコ」にされることは、誰にとってもうれしいことではない。傷つくし、凹むし、やる気を失ったり、投げ出したくなったり、逆に反撃してやる!という気持ちになることもあるでしょう。

今回はそんなトピックについて考察してみたいと思います。

みんな「自分がどう感じたか」を自覚できていない?

問題なのは、ビジネスの場において、「やる気を失う」「投げ出す」「反撃する」という行動が、前向きな成果を出すか、そして、あなたのキャリアにどんな影響を与えるかということです。

「やる気を失う」「投げ出す」「反撃する」は、いずれも行動です。

そして、

その行動は、相手の言動に対するあなたの反応、つまり、
「あなたがどう感じたか」という気持ちがトリガーになっています。

しかし、人間、思いのほか「自分がどう感じたか」という気持ちを自覚できていないものです。

「やる気を失う」「投げ出す」は、「どうせ何を言ったって否定されるんだ、もう意見を言ったり行動したりするもんか」という反発の気持ちの表れ。

「反撃する」は、「そっちがそう出るなら、こっちはもっと痛い目を見せてやるぞ!」という気持ちの表れです。

自分では自覚していようがいまいが、実はそこには「怒り」の感情が乗っています。

「仕事は仕事でしょ?感情・気持ちなんて関係ない」と思って、「自分がどう感じたか?」を自覚せずに行動に出ると、痛い目を見ます。

私自身が身をもって経験したエピソードをご紹介しましょう。

前職のコンサルティング会社時代の私に欠けていたもの

前職のコンサルティング会社で、お客様に業務改善のご提案をしたときのこと。

私が一通り説明を終えると、お客様は何か思案顔で、「このページは○○ってことですか?」と質問されました。

その時の私は、

渡辺まどか
渡辺まどか
私の伝えたことが伝わってない???もっと詳しく説明しなきゃ!

と思い、最初の説明よりもさらに詳細な説明をしました。

ところが、説明をすればするほど、お客様の表情が険しくなっていきます。

最後には

そういうことが聞きたいんじゃないよ、もういいよ

と面談を切り上げられてしまいました。

 

今思えば、当時の私は、自分に自信がなくて、いつも

渡辺まどか
渡辺まどか
客様や上司や同僚に、『渡辺さんなんていらない』『あなたとは一緒に働きたくない』と言われたらどうしよう

と不安な気持ちでした。

しかし、その不安な気持ちを自覚しておらず、むしろ不安な気持ちをなかったことにするために、日々、ロジカルな説明、ロジカルなコミュニケーションのスキルを磨いていました。

お客様への提案を任されるくらいですから、コンサルタントとして必要なスキル・能力はあったのだと思います。

でも、私に欠けていたのは、
「お客様とコミュニケーションを取ろう」「信頼関係を築こう」
「相手のために何ができるのだろうか?」という、
相手に対する興味関心、相手を思いやり、協働しようという姿勢でした。

それが欠けていると、どうなるのか。

「相手の質問に対して応える」という行動の質が変わるのです

無自覚の思い込みの怖さ

当時の私にとって、お客様の「質問」という行動は、「お客様が私とコミュニケーションを取ろうとしたこと」ではなく、「私が行った素晴らしい提案(でも実は不安で仕方がない)に対する反発」に見えていました。

極論すると、

渡辺まどか
渡辺まどか
私がこんなに素晴らしい提案(でも実は不安で仕方がない)をしたのに、異議を唱えるとは何事か!

という感じです。

もちろん、その時にはそんな自覚はありません。だから厄介なのです。

 

私は、自分の説明は、お客様の質問に対する応答であると思いこんでいました。

しかし実際には、私がした説明は「自分が行った提案は間違っていないということをアピールするための行動」にすぎませんでした。

だからこそ、説明すればするほど、お客様は「聞きたいのはそれじゃない」とイライラしていき、最後には提案の時間を打ち切られてしまったのです。

私のケースでは、「質問に対して応える」という一見冷静に見える行動が、実は「反撃」という行動になってしまっていました。

コンサルタントとして、プロジェクトの提案に行っているのに、お客様がコミュニケーションを取ろうと投げてくれたボールを、豪速球で投げ返したらどうなるでしょうか?

提案を打ち切られて当たり前ですよね。

そしてそれは、コンサルタントとして臨む結果ではないですし、プロジェクトが受注できないことが、私のキャリアにとって前向きな結果になるわけがありません。

(いま、こうやって記事のネタになっているという点では、失敗も意味がないわけではないのですが、笑)

ロジカルシンキングを学び、実践する前に必要なこと

ロジカルシンキングを学び、実践すること。

これは、ビジネスでのコミュニケーションをスムーズに効率的に行う、意思決定をしやすくするのに役立つのは間違いありません。

私自身も、ツールとして大切だと思うからこそ、教えています。

一方で、ロジカルシンキングを学び、実践さえすれば、仕事がうまくいく、コミュニケーションがうまくいく、と考えるのは拙速です。 

ロジカルシンキングはあくまでツールでしかありません。
ツールは、伝えたいという中身を伴わなければ、効力を発揮できないのです。

私のように、悲しみや不安な気持ちを自覚せず、ロジカルシンキングのスキルを磨くと、鎧ばかりが立派になってしまい、中の人はおびえたまま。

弱い犬ほど吠える、ではありませんが、怯えた心でコミュニケーションを取ろうとすると、相手のちょっとした言動が攻撃に見えてしまします。

そうすると、「怒り」を乗せた行動をとってしまうのです。

「やる気を失う」「投げ出す」「反撃する」、これらは全て、「怒り」を纏わせた行動です。

多くの場合、「怒り」を纏わせた行動は、あなたが本当に意図する結果とは真逆の結果を招きます。提案を打ち切られてしまった私のように。

だからこそ、

「ロジカルシンキングを用いて伝えよう」の一歩手前の行動として、
「私が伝えたいのは何なのか?」を自分に問いかける必要があります。

自分の素直な期待・希望・願望が自覚できるようになると、自分が本当に望む結果を生むための行動がとれます。

私の場合は、『渡辺さんなんていらない』『あなたとは一緒に働きたくない』と言われたらどうしようという不安を言葉にできてから、つまり、自分の弱さや見たくない部分と向き合うことができてから、「そうか、私はお客様の役に立ちたかったんだな」という自分が本当に望む結果を自覚できるようになりました。

そして、それが自覚できると、反撃としての質問への応答ではなく、コミュニケーションとしての質問への応答ができるようになりました。

「私が伝えたいこと」は、「提案の内容」ではなく、
「どうやったらお客様と一緒にお客様の課題を解決できるか」
だったんです。

ツールとしてのロジカルシンキングは、大事。

これは間違いがありません。

しかし、ツールとしてのロジカルシンキングだけではコミュニケーションはうまくいかない。

だから、

自分の伝えたいことの「中身」を見つめる方法も、合わせてお伝えしたい。

私のロジカルシンキングには、そんな特徴があります。

ロジカルシンキングの「ツール」と「中身」について学び実践できる場所

4月から始まるオンライントレーニングでは、「ツール」と「中身」、両方について学び実践するワークをご提供しています。

コミュニケーションの質をあげたい、自分のキャリアの満足度を挙げたい方は、ぜひご検討くださいね。

お申し込みはこちら↓
https://www.reservestock.jp/conclusions/MDdiZWNjOWQxZ

オンライントレーニングの無料体験会を開催中!

3/10(火)ロジカルシンキングの超基礎『帰納法と演繹法』
3/25(水)自分の意見を伝えるのが苦手な方のための「自分の意見のつくり方」
※3/25(水)は「伝えたいことの中身」について取り扱います。

お申し込みはこちら↓
https://www.reservestock.jp/inquiry/OWE2ZmRiMjdiY

オンライントレーニングにご興味のある方、ぜひお気軽にご参加ください^^

ロジカル思考であなたの悩みを紐解く!『無料30分お試し個別相談』

動画でトレーニング!ロジカルシンキングのオンライントレーニング動画教材

『シート1枚で論理的に伝える技術』はじめに&第1章を無料プレゼント中⬇︎

【質問受付専用LINE@】ロジカルシンキング相談室(検索ID:@612fwtd)